トップページ > ミノキシジルの副作用について解説します!

女にもてたい! 頭皮が寂しい男の日記

薄毛が気になって、なかなか積極的になれない男の話です
フレーム上

ミノキシジルの副作用

ハゲや薄毛につるっぱげ等、どれ一つとしてありがたくない言われ方を余儀なくされて来ていたのですが、いつの間にかAGAと呼び方が変わったのです。


男性型脱毛症なのですが、はげた頭に毛を生やそうというAGAクリニックが最近脚光を浴びてきているのです。
ついこの前までは、抜け毛が始まると父親も禿げているからこれは遺伝だ、と寂しく自分に言い聞かせて諦めるのがせいぜいでした。


ところがAGAクリニックに通院して、暫くすると発毛が確認できたと言う事がネット等で聞かれるようになりました。
内服や外用として使われるミノキシジルの存在があります。育毛効果が高いと言われる成分であるミノキシジルですが、色んな育毛剤に配分されています。


多くのAGAクリニックでも治療薬として処方されていますが、もともと血管を広げる事を目的にした、高血圧を抑制する為の薬でした。


飲み薬として使われていたところ、体毛が濃くなったり僅かながらでも発毛が確認されたのです。
そしてこのミノキシジルを育毛剤に入れて、外用薬として使われるようにしたのです。


その効果は明らかで、幾多の発毛が確認されています。反面様々な副作用も言われております。
多い副作用として、眠気や痒みそしてむくみに性欲減退等、個人差がある分反応もそれぞれ違うし、副作用が現れない人もいます。

人によってはいらいらしたり、心臓がドキドキしたりするケースもあります。


常にこのような状態になるとか、我慢できないくらい強く現れるようであれば、暫く使用を中止するのがいいと思います。
ただ市販の育毛剤にもミノキシジルが使われている物もあるのですが、配合量が比較的少ないので殆ど気にする事はないと思います。


またミノキシジルを使い続けていると心臓が破裂するとかの風評も見られますが、あまり極端な意見は如何かと思いますね。

でも使うに際して、もともと血圧に問題を抱えている人であれば注意を要するでしょうね。
何れにしても、AGAクリニックに行き医師とよく相談をして、その処方に基づいた使用を守る事が一番いいと思います。



フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 女にもてたい! 頭皮が寂しい男の日記 All Rights Reserved.

ページの先頭へ